FC2ブログ

2013年 日ノ本クラス(6)

まずは、今月の漢字。
一念発起。
とっても集中して書いてくれました。

教科書は29ページ。
聖徳太子の十七条の憲法の部分です。

最近見たテレビ番組で、聖徳太子のなぞ、というものがありました。
聖徳太子については、いろいろな作品がありますね。
それだけなぞが多く、魅力的な存在なのでしょう。

宿題 教科書30ページから33ページまで読んでくる・漢字プリント
スポンサーサイト



テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

2013年ターム1 日ノ本クラス(5)

日ノ本クラスに、トライアルのお友達が来ました。
みらちゃんです!
去年、日ノ本クラスの二人とはおひさま日本語教室で同じクラスのお友達でした。
久しぶりの再会に三人とも嬉しそうでした。

社会の教科書は法隆寺と聖徳太子。
法隆寺が世界最古の木造建築だという話をしていると、あかりちゃんが
「鐘が鳴るなり法隆寺~」
と!
すばらしい☆

聖徳太子については、家系図の説明から。
父、おじ、おば、祖父と、天皇ファミリーの中に生まれたことを知ると、みんなため息
今日は、聖徳太子の行ったいろいろな事柄の中から、冠位十二階をとりあげました。
家柄にとらわれない能力主義の採用、ということで、豪族たちからの反感も大きかったという聖徳太子ですが、日ノ本クラスの三人は、ふむふむと納得がお。
続いて冠の色を考えてもらいました。
「一番えらいんだから・・・」
と、上位の冠の色を考える三人。
6色の赤で正解は2つでした。
そして、どうして紫が上位の色になったかを考えました。

宿題:漢字検定8級過去問題・教科書読み

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

2013年ターム1 日ノ本クラス(4)

まずは、今月の漢字から。
一念発起。
日ノ本クラスの二人も、どんなデザインにしようかなぁ。。。と悩んでいました。
昨年の今月の感じは七十二候をテーマにしましたが、やはりそちらの方がデザインしやすかったようです。
四文字熟語は難しいみたいです。。。

続いて社会は、「卑弥呼」がテーマです。
神殿を兵士が守っている画を見せて、この建物の中には誰が住んでいるか、という質問から。
何を集めていたか、というクイズ的な質問もはさみながら、卑弥呼のことを考えていきました。
顔の無い卑弥呼の絵が描かれたプリントを渡して、顔を描いてもらいます。
女王だからかわいく・・・でも、誰にも会わなかったから美人じゃないのかも・・・一人だったらさびしいかもしれないからこの色・・・などなど、独り言をぶつぶつ言いながら二人とも集中して描いてくれました。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

2013年ターム1 日ノ本クラス(3)

今日の授業は、弥生時代です。
米作りが伝わったことで、人々の暮らしに変化があらわれます。
新しい教科書では、見開き4ページ分を使って、縄文時代と弥生時代の生活の様子がイラストになっています。
その絵を見ながら、気がついたことを口々に発表していきました。

教科書はP20~23までを読みました。
プリントも使用して、教科書に出てきた石包丁や高床式倉庫などを確認しました。

宿題:漢字検定初9級過去の問題2枚分・黄色ノートに漢字の練習・教科書P24,25を読んで、P24の問題をノートに書いてくる(縄文時代、弥生時代の子どもの話)

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

2013年ターム1 日ノ本クラス(2)

はじめはえりかちゃん一人だったので、先週の宿題の漢字プリントをチェックしました。
100問のうち、5問不正解。
出すところを出さなかったり、逆に出さないところを出していたり。
おしい!!ミスでした。
その間違った漢字を、黄色の漢字ノートに書き出し、3回ずつ練習しました。
途中であかりちゃんも到着したので、残りは宿題に。

日ノ本クラスでは、音読テキストに小学校6年生の社会の教科書を使用します。
今日は、一回目なので、巻頭から順に説明しながら見ていきました。
宿題だったP8からは、二人で1ページずつ交代で読んでもらいました。
「遺跡」「縄文」「豪族」など、むずかしい言葉が出てくるのですが、二人ともがんばって読んでくれました。

範囲を少しずつ区切って進めていきました。
最初は縄文時代。
プリントも使って、当時の仕事を10個上げ、それを男女別に分けてみました。
なぜ分かれているのかも考えました。
縄文時代は狩猟と採集がメインです。
貝を干している絵を見て、教科書に載っている縄文時代の人々の生活スタイルで、冬の間はあまり食べ物がとれていないことと結びつけ、保存食を作っているんだ!と。
鹿や魚は毎日獲れるとは限らない。それに比べると、貝は採るのも簡単だし、いつもある。だからこの時代の人は貝をたくさん食べたんじゃないか。
などなど、鋭い意見が続出しました。
すばらしいですね~!

続いて弥生時代。
米が日本に伝わってきた経緯などは、教科書にはあまり詳しく書かれていませんでした。
見開きで縄文時代と弥生時代の集落の様子を対比させているのは面白かったです。
米が伝わったことで、食生活だけではなく、貯蓄ということも変わってきたことを次の時間には押えていこうと考えています。

宿題:漢字ノートに3回ずつ練習・漢字プリント・教科書読みP20~P23・今月の漢字完成させる


テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

STUDIO.S日本語教室

Author:STUDIO.S日本語教室
ニュージーランドで小さな教室を開いています。
海外で暮らす子どもたちの日本語保持の方法を試行錯誤しています。
活字中毒。動物好き。
ガーデニング初心者で楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

教室で使っているあれこれ

教室で使っている教材・教具のご紹介をしています。これから使ってみたいものもあります。

ランキングに参加しています

よろしかったらぽちっとクリックお願いします♪励みになります☆ 人気blogランキングへ

ポイントサイト:ちょびりっち

懸賞・小遣い ちょびリッチ