FC2ブログ

Term1 8週目 土曜日クラス

土曜日クラスは、今日が最終日でした。
さらに、あいちゃんは、教室自体も最終回でした。
二人でつらつらと思い出を話したりしましたが、なんと、出会ったのは9年前・・・補習校の国際部で、でした。
あいちゃんは、今18歳ですから、人生の半分を知っているのですw
なんだか不思議な気分でした。

レッスンでは、まずのぶこ先生にお礼状を書くところからはじまりました。
今日のレッスンが終わったら郵便局に行くつもりでしたので、今日中に仕上げることを宣言しました。
今日も、えいごくんのお母さんからいただいたレターセットが大活躍です。
本当にありがとうございました♪

最初に、手紙の構成について学習しました。
書き出しの言葉と、結びの言葉には関連性があることを話しました。
それから、季節のあいさつ。
これは、日本独特なのでしょうか?
手紙の書き方といった実用本には、たくさんの例が出ていますが、どれも美しい言葉ですよね。
そして、お礼状の本文。
ここでは、自己紹介もかねて、いろいろと工夫していました。
のぶこ先生が興味を持ちそうなトピックを書いていました。

最後に、高村光太郎の「レモン哀歌」を取り上げました。
一読しただけでは、意味がつかめなかったようでしたが、「哀歌」というタイトルに反応。
あいちゃんの「あい」とは違う漢字だということで早速「哀歌の哀は、どんな意味?」「名探偵コナンのはいばらあいちゃんは、この字じゃない?」などなど。
智恵子が心を病んだという話をすると、すぐに「夫が有名で、光と影だったからじゃない?」「私だったら、そんな有名人とは結婚しない」「離婚して、別の人と結婚できたら、心の病気にならなかったかもしれない」などなど、楽しい意見が次々に出てきました。

そして、終わりの時間です。

あいちゃん。長い間、本当にありがとう!
元気でいてね。
ハープ、がんばってね~!
スポンサーサイト



テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term1 8週目 ボンジュールクラス

来週は、Good fridayといって、イースターの始まりの日に当たります。
ホリデーが始まる日でもあります。
ですから、金曜日のボンジュールクラスは、今日がTerm1の最終日となりました。

まずは、のぶこ先生へのお礼状からはじめました。
大きい子達のクラスですから、きちんとした構成で書いてみようと指導しました。
かわいいレターセットを配って、さあ、本番です!
みんな、読んでもらうことをしっかり意識しているので、丁寧に丁寧に書こうとがんばりました。
内容も、よく考えて書いていましたね。
「なんて言ったらいいかなぁ?」「こういう言い方は変?」というように、確認をしながらの進行でした。
封筒の表書きも書いて、完成★

本当は、短歌も作りたかったのですが、時間が足りませんでした。
残念です。
今回のホリデーに、ティーナちゃんとわかなちゃんは、日本へ行きます。
楽しんできてね♪

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term1 8週目 ホームランクラス

今週は、めいちゃんが学校のキャンプでお休みです。
ということで、4人のホームランクラスでした。

まず最初に、社会の教科書です。
ごみについての単元の最後の部分です。
ニュージーランドとは、ごみ収集に関する考え方や方法がずいぶんと違うようで興味深かったです。
特に、みんなの迷惑にならないように、夜の間にごみを集めるというあたりでは、皆も驚いていました。
これで、Term1では、水とごみの2つの単元を終了しました。
そこで、まとめのパンフレット作りをすることに。
水を選んだ子が3名。ごみを選んだ子が1名。
教科書にならって、Q&A方式で考えました。
面白いQ&Aがたくさん出ていました。
来週完成させる予定です。
楽しみですね。

後半は、のぶこ先生へのお礼状作りです。
くまちゃんのレターセットを、それぞれ別の柄になるように配布しました。
初めて書くという子もいましたが、みんな時間内に完成させることができました。

それにしても、今日の天気はひどかったですね・・・

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term1 8週目 算数1,2

算数1のクラスでは、まずは、宿題の確認。
その後、面積に入りました。
長方形や正方形が、欠けていたりナカヌケしていたりといういう複雑な形の面積を求めていきます。
大きい形から小さいものを引くというやり方と、形そのものを小分けして足していくやり方がありますよね?
どちらでもできることを確認して、問題に取り組みます。
えいご君もかんなちゃんも、飲み込みが早く、すんなり計算できていました。
すばらしい!


算数2では、エミリーちゃんが、時間の換算問題に取り組みました。
秒、分、時間、日、週、といった単位を換算していくものです。
どの問題も、設問が4つずつついていたのですが、なぜか3番目と4番目にてこずってしまうエミリーちゃん。
計算そのものには問題はないのですが、考え方に躓いている様子。
一緒に説明しながらといていくと、すんなりいけます。
何かメンタルブロックが働いているようでした。
残りは宿題にしたのですが、どうだったかな?

りかちゃんは、方程式の代入を学校でやっているとのことなので、そのあたりの問題を解きました。
日本の教科書や問題集の中から、代入の問題を選んでといていきます。
最初に選んだ問題が・・・ちょっと難しかったです。
ごめんね~~。
それでも、代入の基本的なルールは理解できているので、計算がめんどくさいというだけだったのですが、最初はもっとシンプルなものを選ぶべきでした。

それにしても、二人ともとてもよくがんばっています。
教室でも、黙々と問題を解くことが多いのです。
私が、答えあわせや、次の問題を探している間が休憩タイム。
そんなときは、お互いの共通の知人の話や、それぞれの高校の話をして盛り上がっている二人です。
今日は、エミリーちゃんのおうちの子犬がいかに「ぶさいく(エミリーちゃん談)」か、というテーマで盛り上がっていました。
りかちゃんは、うさぎを飼う予定だとか。
とっても楽しみにしているようでした。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term1 8週目 IB

なおちゃんは、学校の関係で、今日は6時からの1時間レッスンとなりました。
その状態が続きそうということなので、次のタームの5月からレッスンを木曜日に変更することにしました。
IBのレッスンでは、小論文の練習をメインでしています。
まとまった文章を書くためには、どうしても1時間ではたりないんですね。
次のタームからは、パート1の世界文学の読み取りにも入ります。
というわけで、曜日を変更することにしました。

今日は、短いので文章を書くことはできません。
そこで、過去の問題から「詩」の問題を選んでやってみることにしました。
現代詩の問題ですが、難しかったようです。
抽象的な比喩が使われていて、そのイメージをつかむことがなかなかできませんでした。
「夜」も繰り返し使われているキーワードで、そこから、物理的な暗さと、心理的な暗さを読み取りました。

なおちゃんは、これもまた学校のクラスで、ヨーロッパに行きます。
現代史や経済を選択している学生の中で希望者が参加するツアーだとか。
気をつけて行って来てくださいね。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term1 8週目 火曜日クラス

社会の教科書では、災害を扱う単元に入りました。
さなちゃんは、去年の国語の音読のころから、声色を使って読むことが好きです。
社会の教科書を学習するようになってからも同じで、「今日は誰で読む~?」とリクエストをとってくれます。
今日は「お嬢様」でお願いしてみました。
でも・・・さなちゃんは、お嬢様=セレブ=マダムという連想が働くようで、トウのたったお嬢様風でした。

その後、のぶこ先生へのお礼状を書きました。
文章を書くことが得意なさなちゃんですので、お礼状とは何ぞや?という説明をした後、自由に書いてもらいました。
のりのりで書いていました。
完成したお礼状は、とても面白かったです。
ん?お礼状は面白いものなのかな?
のぶこ先生も楽しんでくれるといいなぁ。

さて。
今週は、おたよりと住所録を配布しています。
そのおたよりにミスがありました!!
ホリデーの日にちを間違えていたのです!
ごめんなさい・・・
私が今年用意した年間スケジュール帳に記載されていたイースターホリーで(小学校)は1週間でした。
短いなぁとは思ったんです。
さなちゃんのお母さんに指摘されて、間違い判明。
訂正します。。。

Term2は4月23日(月)からのスタートになります!

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term1 8週目 チワワクラス

チワワクラスは「スイミー」の最終回です。
たいがくんも、ももかちゃんも、しっかり元気よく読むことができました。
どうして大きな魚のふりをしたんだろうね?と聞いてみると、すぐに「怖がらせるため!」「まぐろ(大きい魚)を追い出すため~」「そしたら、赤い魚の兄弟たちがかくれなくていいから」「遊べるから」と、ぽんぽんっと自分たちの考えを話してくれました。

教科書をぱらぱらと見ていたたいがくんは、ドラえもんの絵を発見。
「つぎは、これやりたい!」というリクエストです。
でも、Term1は来週で最終回。
その単元は次のタームにすることにして、来週は詩を取り上げることにしました。

後半の算数では、まずは宿題の確認です。
今週はノーミスでした!
すごいなぁ。
それでも、ももちゃんは「算数は苦手」と言います。
う~ん。実力は相当ついてきているんだけどなぁ。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term1 8週目 ふじさんクラス

今日は「スーホの白い馬」六の場面の学習です。
このお話には、漢字がたくさん使われているので、今日はまとめて漢字の練習をしました。
ホワイトボードに一画ずつ書いていきます。
それを見ながら、みんなノートに一回書いてみます。
画数が多かったり、形が複雑なものは、ひとりずつ書いてもらい、手元を確認します。
「弓」という漢字が出てきて、そのあとに「弱」という漢字が出てきました。
「形が似ている~!」と、子供たち。
よく見ていますね。
「弱いは、羽にも似ている~!」という声も上がりました。
学年が進むにつれて、組み合わさった漢字も多くなってきます。
知っている漢字を探してみるのも面白そうですね。
今度そういった問題を作ってみようかな?

後半は、お礼状を書こうということで、のぶこ先生にお手紙を書くことにしました。
のぶこ先生は、大阪の小学校の先生です。
この教室のWebページを見てくださって、メールをくださいました。
去年の9月ごろでしたでしょうか。
それから、新聞の折り込みチラシを送ってくださっているんです。
ちらしはもちろん日本語で書かれていますので、レッスンに使うことができるので、とっても助かっています。
冬休み中には、旅行のパンフレットもたくさん送ってくださいました。
のぶこ先生、本当にいつもありがとうございます!!

そんなのぶこ先生へのお礼状です。
ふじさんクラスは、以前「お手紙」という単元をしたときに、登場人物にお手紙を書いたことがあります。
ですから、レッスンで書くお手紙は二回目になります。
今回は、とってもかわいいレターセットを使いました。
これは、ホームランクラスのえいご君のお母さんからいただいたものです。
「もう使わないので・・・」とおっしゃって、袋いっぱいくださいました。
そのどれもが、とってもかわいいんです!
子供たちも大喜びでした。
ありがとうございました★

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term1  7週目 習字週間

今週は、習字週間です。
教室では、年に二回、こうした習字週間を設けています。
一つは、書道という日本の文化に触れて欲しいという願いがあります。
書写の時間は、日本の学校にもありますからね。
もう一つは、毛筆で字を書くと、鉛筆よりもゆっくり丁寧に字を書くという理由があります。
ふだんは、速く書きたい!という子供たちの気持ちを尊重して、あまり字については指導を入れていません。
文章を書くことが目的の場合は、スピードやリズムも大切だと考えているからです。
書きたいことが消えてしまわないように、子供たちが集中して書いている時は、邪魔をしないようにしています。
でも、お習字でしたら、一画ずつゆっくりと書かせることができます。

今回は、いり、とめ、はらいに気をつけて書いてみようと指導しました。
どのクラスでも、最初の一枚は、横線、たて線、斜め線の練習から入りました。
おおげさに言えば、一画書く間息を止めるくらい集中している子供たちです。

さらに、今回は二文字の熟語を中心に練習してみました。
二文字のバランスになれて欲しいと思ったからです。
上の字が大きくなりすぎてしまったり、左右にずれてしまったり、なかなかうまくいきません。
それでも、何度も練習する子供たち。
みんなお習字が好きなようです。

最後は、お楽しみとして、自由に何を書いてもOKとします。
だいたいみんな絵を描きます。
水墨画、のようですw


テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term1 6週目 ボンジュールクラス

今回は、さまざまな地域を調べる視点2ということで、気候と住宅について取り上げました。
世界には、実にさまざまな住宅のスタイルがありますよね。
それらは、それぞれの地域で暮らしやすいように工夫されているものです。
たとえば、粘土を日干しにして作ったレンガを積んだ家を見て、「雨が降ったらとけちゃうね~」という意見が出ました。
「だから、この辺はきっと雨が降らないんだよ」と別の意見も出ました。
こんな風に、子供同士の意見の交流ができるのも、このクラスのいいところです。
国や地域と、建築のポイント、その地域の気候を表にまとめてノートに書きました。

後半は短歌をつくろうの一回目です。
まずは、俳句との違いを確認しました。
ボンジュールクラスのわかなちゃんは、海外子女文芸作品コンクールで文部科学大臣賞を受賞したことがあります。
淡い恋の歌でした。
今年は、どんな作品が生まれるかな?
今回は、ランダムに書き出した言葉を選んで、その言葉から始まる短歌を作る練習からスタートしてみました。
10個の言葉から3つずつ選んでもらいました。
ティーナちゃんとアリスちゃんはまったく同じ言葉を選びました。
その偶然にお互い驚いていました。
「真夜中、からっぽ、いっぱい」です。
わかなちゃんは「真夜中、絶望、声高に」を選びました。
一つはレッスン中に作ってみます。
残りは宿題になりました。


テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term1  6週目 火曜日クラス

今日は、社会の教科書を読んだあと、教科書に出てくる言葉を使って新聞記事を作りました。
新聞というよりは、週刊誌のようなトーンではありましたが、楽しく完成させることができました。

続いて短歌を作ります。
先週に引き続き、クラスのお友達のことを話すさなちゃん。
いろいろ思うところがあるようです。
友達との付き合い方について、自分の経験を交えて話をしました。
さなちゃんも、なんとかしようとがんばっているのです。
けれども、なかなか相手には通じない様子。
考えた末に出た行動は、クラスの担任の先生に怒られてしまったとか。
う~ん。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term1  5週目 ボンジュールクラス

今回は、前回の宿題で難しかった~~!というツアー日記を書くに再挑戦してみました。
わかなちゃんのお母さんからのアドバイスを受けて、選んだツアーは東京ディズニーランド、ディズニーシーへのツアーです。
まずは、のぶこ先生が送ってくださったパンフレットを熟読。
どのホテルにするかで、みんなとっても迷っていました。
ホテルが決まってからも大変です。
なぜなら、そのホテルは、建物の場所によって名前が違っていて、お部屋からの景色も違っていたのです。
その違いはお値段にも反映されています。
太っ腹な?ボンジュールクラスは、最上級のお部屋に決定ですw

大阪から出発のプランでしたので、まずは、大阪駅からのスタートになります。
「駅で集合するシーンから書いてみよう」ということで、日記を書き出しました。
でも、凝り性のボンジュールクラスは、駅に向かうまでの描写から始めていました。
さらに、その日の服装やバッグなどを、お互いにリクエストをとって聞いています。
ツアーの時期をクリスマスの後、お正月の前としていた三人は、「この時期h、日本は冬だよね」「じゃあふわふわのコートを着るよ」「かばんも、ピンクのふわふわのやつって書いておいて」と盛り上がっていました。
ようやく三人とも駅で落ち合えました。
次は車内のシーンです。
三人それぞれの性格をつかんだ描写が続きました。
会話を上手にはさみ、とっても面白い日記になっていきます。
新幹線が駅に着き、目指すホテルへ到着。
お部屋に案内された場面では、みんなのボルテージも一気に跳ね上がりました。
というあたりで、時間切れ。
メインであるはずのディズニーシーへはいけずじまいでしたw


テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term1  5週目 IB

今日は、過去の問題から天沢退二郎さんの「草のうた」を取り上げてみました。
作品を起承転結に分けてみるところからはじめます。
キーポイントになる転の場所について、なぜそこが転なのか、というところを深く考えてもらいました。
それから、使われている技法を確認します。
そして、視点の確認をしました。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term1 5週目 火曜日クラス

社会の教科書では、「事件や事故がおきたら」という単元を学習しました。
警察のお仕事についての学習です。
ニュージーランドの警察と、日本の警察を比較しながら考えました。

続いて短歌を作ります。
気持ち(感情)を表現するということで、人の気持ちは大きく分けるとどんな種類があるかというところからスタートしました。
喜怒哀楽の喜と楽は、区別が難しいようでした。
怒の感情の話になると、最近のクラスでのできごとを話してくれたさなちゃん。
高学年ともなると、人間関係が複雑になってきますよね。
他人種の国であるニュージーランドでは、それぞれの民族性の違いもあり、複雑さは増しているようです。

最後に算数。
計算の順序と、あまりのある割り算に取り組みました。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term1 4週目 ボンジュールクラス

今日の地理は「どれだけ知っているかな?」というタイトルがついた写真のページを使って学習しました。
写真を見て、そこがどこの国か考えるというものです。
そうですね、先週と同じ内容です。
ただし、使用している教科書の版がちがいますので、出ている写真や国も違うのです。
といいますのも、中学生用の教科書が、教室にあまりないんですね。
前の版が2冊。今の版も2冊。
ということで、2種類の教科書を使って学習しています。
隔週でメインの教科書を変えています。

続いて秋の俳句を作りました。
虫が多く出ていたのですが、あまり気にいらない様子の三人。
音色が美しいというイメージよりも、怖い・気持ち悪いという気持ちが強いようでした。
残念だなぁw

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

STUDIO.S日本語教室

Author:STUDIO.S日本語教室
ニュージーランドで小さな教室を開いています。
海外で暮らす子どもたちの日本語保持の方法を試行錯誤しています。
活字中毒。動物好き。
ガーデニング初心者で楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

教室で使っているあれこれ

教室で使っている教材・教具のご紹介をしています。これから使ってみたいものもあります。

ランキングに参加しています

よろしかったらぽちっとクリックお願いします♪励みになります☆ 人気blogランキングへ

ポイントサイト:ちょびりっち

懸賞・小遣い ちょびリッチ