FC2ブログ

Term2 6週目 木曜日クラス

今日の社会は「使う水の量」。
教科書24ページから27ページまでを読みました。
社会の教科書に出てくる言葉って、本当に難しいですね。
これは、日本に暮らしていたら日常語になっているのかな?と思いながら読みました。

それから、コンクールに出すための詩を清書しました。
最初に用意していた原稿用紙が小さくて、升目に文字が入りきらないということがあり、今日は大きいものを用意しました。
それでもはみだす文字…
う~ん、しょうがないかぁ…
かなり長い詩でしたが、がんばったさなちゃんです。

最後は算数。
17ページの問題を。

なおちゃんは、学校の試験でお休みでした。
スポンサーサイト



テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term2 6週目ホームランクラス

今日の社会は、安心してくらせる町に。
教科書の46ページと47ページを読みました。

続けて本日は久しぶりに文法の練習。
形容詞がテーマです。
といっても、これは実は心理テストなんですね。
みなさんもご存知かもしれません。
16個の形容詞を書き出します。
隣同士の形容詞2つから連想するものや事柄を書きます。
8つ出てきますね。
今度はまた隣同士の2つの事柄やものの名前から連想するものを書きます。
同じことを繰り返して、最終的に出たことが、今の自分が一番興味関心を持っているもの、というテストです。
目的は、形容詞を16個(つまり、たくさんw)思い出すということだったのですが、ただ書くのもおもしろくないかな、と思い、ずっと以前に知ったこの心理テストをやってみたんです。
心理テストとは言わずに、です。
そうしたら・・・
子どもたちがはまってしまいました☆
「来週もやりたい!」との声が続出。
ここですぐにくいつくと、飽きるのも速いので適当にはぐらかしましたが。
さあ、本当にまたやりたい!って言ってくるかな?

最後は、これも久しぶりに詩の翻作をしました。
題材はまどみちおさんの「ペンギンちゃん」。
最初に、一行ずつの連れ読みをしまhした。
言葉のリズムがそろっているせいか、だんだんと熱を帯びる子どもたち。
しまいには、まるでHIPHOPのラップのノリ。
あんまり面白いので2回も読んでしまいました。
翻作をしている間にも、子どもたちがもう一回読みたい!とせがみます。
そこで、最後に録音することにしました。
ところがこれが失敗。
小さいカセットレコーダーをかざしただけで、なぜか緊張する子どもたち。
ラップはかみかみ…w
こっそり隠し撮りするべきでした。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term2 6週目ふじさんクラス

今日は「ありの行列」最終回。
7段落から10段落までです。
前回同様、一番大事な文を探します。
その後、少しだけ意味段落の構造を説明しました。

説明的文章では、最初に何について書くかという話題が書かれ、中心的な話題が疑問文でかかれることが多いということ。
真ん中の部分では、その疑問に対しての検証が行われていること。
例を挙げたり、実験の結果を書いたりしながら、結論へもっていくための理由が重ねられていきます。
おしまいの部分は、結論。
最初に出てきた中心的な話題となる疑問文に対しての答えの部分です。

そんなことを簡単に説明しました。

後半は、教科書の作品を少し飛ばして金子みすずさんの詩を取り上げました。
「わたしと小鳥とすずと」です。
一人一文ずつ音読し、わたしにできて、小鳥にできないもの、小鳥にできて私にできないもの、というように、内容を確認しました。
それから、久しぶりの翻作です。
わたし、の部分は自分に。
小鳥、は、何か別の生き物に。
すず、の部分は道具に。
それぞれ自分のアイデアに変えて詩を作りました。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term2 5週目 ボンジュールクラス

今日の世界地理は北アメリカがテーマです。
地図帳でも、アメリカ合衆国は特別に見開き一ページをさいて載せられています。
アメリカ発祥の服ですとか、食べ物などはもちろんニュージーランドでも馴染み深いものばかり。
映画もそうですよね。

後半は小論文の練習をしてみました。
テーマに沿って考えるということで、科学の進歩と人間という課題で考えてみました。
レッスン中に考えたことを手がかりに、短い作文を書いてくるのが宿題です。
どんな作文になるかな?
楽しみです。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term2 5週目 木曜日クラス

今日の社会は「くらしづくりに参加 水はどこから」です。
教科書の20ページから23ページまでを読みました。
さなちゃんは、おうちでも本を読むことが多いので、読むスピードが速いです。
音読のときも速いです。
国語の物語教材などのときは、人に聞かせるつもりで、と読む速さも指示を出していましたが、社会になってからは「はっきり読む」ということだけ気をつけるようにしています。
速く読むあまりに、語尾が曖昧になったり、熟語の読み方が違っていたりするからです。
そういういみでは、セレブやマダムの読み方は最適です。
語尾をはっきり延ばすことが多いので、しっかり読めるからです。
(ダムをつく~るざま~す、のようにw)

算数は小数。
小数を10倍、100倍、十分の一、百分の一にするという問題もしっかりと理解できている様子でした。

最後にコンクールに出すための詩を作りまhした。
お題は学校で行ったキャンプのこと。
なかなかユニークなキャンプだったようです。

次のクラスのなおちゃんは、ガリヴァー旅行記の第四篇。
各章を要約して、構造を把握しようとしているところです。
今日は第三章まですすみました。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term2 5週目ホームランクラス

今日の社会は、事故にそなえて。
教科書の42ページから45ページを読みました。

後半は再びコンクール用の短歌を作ります。
一人3首まで応募できるので、もうひとふんばりといったところ。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term2 5週目ふじさんクラス

「ありの行列」4段落から6段落を読みました。
ハイライトペンを持って、一番大事だと思う文を探します。
たくさん文がある段落では、どれが一番大事な文かわからなくなる子どもも多くいます。
全部大事に思える…とか、どれも大事ではなさそう…とか。

そんなときは、もう一度みんなで考えます。
対象となる段落を、一文ずつ区切りながら範読します。
そして、それぞれの文が何を言っているのかを確かめます。
説明しているのか?理由を書いているのか?
例を示していたり、言い換えている場合は一番大事な文とは言えません。
みんなで検証していくと、子どもたちも少しずつポイントが見えてくるようです。

後半は、またまた俳句作り。
季節は秋です。
先週は冬。
なんだか順番がおかしいようですが、これは、その日のお当番さん(挨拶の号令をかけたり、教科書の音読のスターターをする)に「好きな季節は何?」と聞いて選んだためです。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term2 4週目 ボンジュールクラス

今日は最初にコンクール用の清書から。
なぜなら来週から、アリスちゃんが日本へ一時帰国するからです。
今回は、ホリデー中にティーナちゃんが一人で、わかなちゃんがご家族で日本へ行きました。
そして、五月下旬からアリスちゃんがご家族と日本へ行きます。
いいなぁ。

後半は世界地理。
今日はアフリカがテーマです。
わかなちゃんのお父さんがアフリカのいろいろな場所へ行ったことがあるということで、たくさん面白いエピソードを話してくれました。
レッスンの終わりにアフリカのクイズを出しました。
この中で統計のページの見方も練習しました。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term2 4週目 木曜日クラス

今日の社会は「かんきょうを守る」。
教科書の16ページから19ページまで読みました。

コンクール用の俳句と短歌も清書完成。
かなり気合を入れて丁寧な字で書いていたさなちゃんです。
算数は小数。
単位の換算練習でした。

この間目に留まった文章があります。
教育界の方ならきっとご存知の向山洋一氏の言葉です。

教育の最も根本的な目標をただ一つだけ言えと言われたら、
「人間の生きていく気力を育てることである」と言える。

「やる気にさせる」ときに、最も大切なことは「はげます」ことである。
親や教師が「はげまし続ける」ことである。

「はげまし」とは、(親や)教師が子どもと共に、
一緒に欠点を克服していこうとする連帯の証なのである。

もう一度言う。子どもが持っている欠点を克服するよう
絶えずはげまし続けること、
「大丈夫だよ、がんばってみよう」「この前よりよくなったよ」と
言い続けること。これは教師の(親の)仕事の原則なのである。


テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term2 4週目ホームランクラス

今日の社会は、毎日のくらしと自動車。
教科書は38ページから41ページを読みました。

先週に引き続き、自動車による交通事故のことを考えまhした。
自動車の台数の増加に伴い、交通事故の件数も増えていることを教科書のグラフから読み取ります。
そして、交通事故を減らすためには?ということと、自分(歩行者・あるいは乗客である自分)が事故にあわないためにはどうすればよいのか?を、ホームランノートと名づけたノートに記入しました。
みんな真剣に考えてくれました。

後半はコンクール用の短歌を作りました。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term2 4週目ふじさんクラス

今日から「ありの行列」に入ります。
これは、説明的文章です。
まず最初に、段落わけをしました。
本当は、先週のレッスンですればよかったのですが、カード作りの時間を考えてパスしたのでした。
ですから、音読の宿題はページ数と行数をメモして出していました。

分けた後、今日は1段落から3段落までを読みます。
見た目だけでも漢字が多くなっていることがわかりますが、子どもたちは果敢に挑戦。
しっかり落ち着いて読んでくれました。

この作品では、説明文の構造も考えていく予定です。
そこで、各段落ごとに一番大切な文を探していくことにしました。

その後、新しい漢字の練習をしました。
ふじさんクラスでは、このタームから新しい宿題が出ています。
漢字練習ノートです。
これは、こちらの幼稚園で行われているアルファベットの練習ノートを見て思いつきました。
アルファベット練習用なのか、罫線入りのノートがあるんです。
それを利用して、1ページに2つずつ漢字を練習します。
まず、上に漢字を書きます。
その下に読み方を。
訓読みはひらがな、音読みはカタカナにしています。
その下に書き順を。
最後に大きめに2つか3つ、その漢字を書きます。
これは、鉛筆でなぞってもらう宿題コーナーです。

一行あけて、この漢字を使った文章を書きます。
できるだけ、訓読みと音読みの両方を使うようにします。
宿題では、この文章を2回ずつ書いてきてもらいます。
これが1ページに2セット。
宿題は2ページ分ですから、4セットです。

ただ、練習してきた漢字をテストするということはしていません。
これは、これからの課題でもあります。
また、手書きで作っているというところも、これからどうしようかなぁと思っているところです。
かき順の説明部分に意外と時間が取られるので、改良の余地があるかもしれません。

最後に、コンクール用の俳句を作りました。
季節は冬です。


テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term2 3週目 ボンジュールクラス

このタームの世界地理は、それぞれの地域をとりあげようと思っているのですが、今日は、まず「世界なんでもナンバーワン」ということで、世界一高い山や長い川などを探すレッスンにしました。
地図帳の見方になれるためです。
一番大きい国、一番小さい国なども探しました。

後半はコンクール用の詩の清書です。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term2 3週目 木曜日クラス

今日の社会は、しげんごみと粗大ごみのゆくえ。
教科書12ページから15ページを読みました。

その後コンクールに出品する短歌を作りました。
子どもによって、俳句のほうが好きという子と、短歌のほうが好きという子がいます。
さなちゃんは、俳句のほうが好きみたい。
なかなか短歌にしたい情景がイメージできないようです。
そこで、何か言葉を選んで、そこから作ってみることにしました。
ちょうど目の前にあったのは、マンガ「ワンピース」。
ぱらぱら~っとめくって探した言葉は次の三つです。
守る
一生
二人
う~ん…難しそう。
とりあえず、この中から一つを選んで作ってみることにしました。

残り15分は、母の日のカード作りです。
素敵なカードができました。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term2 3週目ホームランクラス

今日の社会は交通事故からくらしを守る。
教科書は34ページから37ページを読みました。

ニュージーランドも交通事故は多発しています。
道路際に白い十字架がたてられていて、そこにお花などが供えられていることもよくあります。
事故で亡くなった方のご遺族がされているとか。
スピードの出しすぎ、飲酒運転、シートベルトの不装着などを啓蒙するテレビコマーシャルも多く流れています。
そのどれもが、かなりリアルで生々しく、血が苦手な私は、最初かなり驚きました。
子どもたちがテレビを見る時間帯にも流れているようです。
う~ん、別の意味でも怖いなぁ。。。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term2 3週目ふじさんクラス

今日で「きつつきの商売」が終わります。
2の場面の後ろ半分を読みました。
挿絵がとても可愛い作品でした。

この作品は三年生の国語の教科書の一番最初に掲載されています。
つまり、三年生になって、一番初めに取り組むものです。
日本の小学校に勤めていた頃は、最初の単元で学習上の約束事などを子どもたちに徹底させようとしていました。
たとえば、教科書を読む場合、声の大きさやスピードなどをお手本を示して調節させたり。
読み方も、一人一文ずつの場合、どういう順番で読んでいくのか、一人一段落の場合はどうか、連れ読みはどうするのか、一斉読みはどうするのか、などなどです。

このところ、教室では新しいクラスが作られていません。
一番新しいチワワクラスも、二年目に入りました。
長いクラスですと、5年続いているところもあります。
ですから、ほとんどの子どもが、こちらが説明しなくても学習のスタイルがわかっています。
これは、一時間しかないレッスン時間を考えると、とても大事なことだと思います。
徹底するまでは時間がかかりますが、焦らずに何度も繰り返すことが大切ですね。

後半は母の日クラフトで、カードを作りました。
色つきのA4用紙を4つに折り、一面を切り抜いて窓枠を作ります。
そこに折り紙で作ったカーネーションを貼り付けて表紙の出来上がり。
少し立体的に見えるカードです。
子どもたちはお母さんが大好き。
真剣に作っていました。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term2 2週目 ボンジュールクラス

今日はわかなちゃんが日本から帰ってきたので3人でのレッスン。
わかなちゃんは、ターム2の目標カードを書いてから、詩の起承転結を説明し、ティーナちゃんアリスちゃんと一緒に先週に続いての詩の作成にとりかかります。

お友達との友情を感じた場面を思い出しながら、起承転結の形にメモして行きます。
結末をカットして終わらせたいとか、びっくりするようなどんでん返しにしたいとか、いろいろなアイデアを練っている三人。
仕上がりが楽しみですね。

最後にこどもの日クラフトを作成。
昨日のさなちゃんと同じミニミニこいのぼりを作りました。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term2 2週目 木曜日クラス

今日の社会は見学の準備、と 燃やすごみのゆくえ。
見学は、ごみ処理場への見学を想定している場面です。
教科書は8ページから11ページ。
ニュージーランドでも、小学校の社会化見学のようなものはあります。
スクールトリップと呼ばれています。
博物館に行ったり、アイスクリーム工場に行ったり。
理科の授業の一環でしょうか、珍しい野鳥のサンクチュアリでもある無人島へ行った子もいました。

算数はいよいよ5年生の上巻に入ります。
まずは小数のしくみ、から。

最後にこどもの日クラフトを作成。
今年は、ミニミニこいのぼりです。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term2 2週目ホームランクラス

そうちゃん、ましゅうくんも帰ってきて、今日からまた5人クラスになったホームランクラス。
二人には、Term2の目標を書いてもらいながら宿題をチェックしたり、ノートに日付を書いたり。
毎回どのレッスンでも、教室にくると提出物を入れたクリアファイルを出してもらいます。
私が宿題をチェックしたり、連絡ノートを開いている間に、子どもたちはノートに日付を書きます。
毎回繰り返していることなので、言われなくてもできる子が増えてきました。
これは、嬉しいことですよね。
何するの~?という受身の姿勢ばかりではなく、自分がこれから何をするのかがちゃんとわかっていると、子どもたちも安心するようです。

さて、今日の社会は安全なくらしを守る。
教科書の32ページから33ページを読みました。
子どもたちを取り巻く状況は決して安全安心とはいえないこのごろではあります。
つらい事件も多く起こっています。
そのあたりは、NZでも同じようです。

後半は、こどもの日クラフトということで、さつきかざりを作りました。
今年のこうした年中行事クラフトは、「つるす」をテーマにしているホームランクラスです。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

STUDIO.S日本語教室

Author:STUDIO.S日本語教室
ニュージーランドで小さな教室を開いています。
海外で暮らす子どもたちの日本語保持の方法を試行錯誤しています。
活字中毒。動物好き。
ガーデニング初心者で楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

教室で使っているあれこれ

教室で使っている教材・教具のご紹介をしています。これから使ってみたいものもあります。

ランキングに参加しています

よろしかったらぽちっとクリックお願いします♪励みになります☆ 人気blogランキングへ

ポイントサイト:ちょびりっち

懸賞・小遣い ちょびリッチ