FC2ブログ

海外で日本の絵本

読み聞かせが、日本語の習得にとても有効であるということはよく言われていますね。
私自身、本が好きなので、ニュージーランドに移住する際に自分の蔵書(というほどでもないですが)はすべて持ってきました。
さらに、教室を開くにあたり、日本から送ってもらったり、一時帰国をした際に購入したり、あるいはこちらで開かれるバザーやガレージセール、クラシファイドでの売りますコーナーで、などなど、いろいろな手段で日本の絵本を手に入れてきました。
Amazonなど、インターネット上でも購入可能ですね。
教室の前のせまい廊下にはそうやって集めた本が並んでいます。
貸し出しも行っていますが、子どもたちに圧倒的に人気なのは漫画です

ところで、絵本を選ぶ際に、どんなものを選べばいいのかわからない、という声も聞いたことがあります。
私自身が購入する際は、まずは自分の好みで選んできました。
ガレージセールなどの場合は、状態の良いもの、という条件も加わったりしますが、基本的には自分が読みたいな、読んであげたいなと思うものを選んでいます。

それでも、たくさんの本の中から選ぼうとすると、迷ってしまうこともあるかもしれません。
そういう場合には、ブッククラブ、という方法もあります。
たとえば、「童話館ぶっくくらぶ」 http://www.douwakan.co.jp/index2.html
こちらは、毎月数冊の絵本を選んで送ってくれるというシステムです。
ニュージーランドの場合、月に2冊だと送料は1000円。
そこにプラス絵本の代金が加算されます(2000円から2500円ぐらいだそうです)。
ゆうちょ銀行口座からの自動引き落としとなっています。
口座を持っていない場合は、日本在住のご家族などにお願いしたりするようです。
入会金は不要とのこと。

おじいちゃんおばあちゃんからのプレゼントという方法でも人気があるそうです。
自分では選ばないような本が送られてくることもあって、親としても新鮮な気持ちで読むことができるとか。
思いがけない本が子どもの心をひきつけるとか。
いろいろな利用者の皆さんの声も目にしました。

本は購入するだけではなく、借りるという方法もありますね。
ご存知かもしれませんが、タカプナ図書館には、日本語の児童書コーナーもあります。
それから、子ども図書館もありますね。
いろいろな方法で、子どもたちの本を手にする機会が増えることは、とてもいいことだと思っています。
スポンサーサイト



テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

絵カードを作る

コミュニティセンターで持っているクラスで、絵カードを作ろうと考えています。
今年新しくもったクラスで、拗音の定着を図るために導入しようかと考えているのです。

白紙の名刺サイズのカードがあるので、それでサンプルを作ろうと思い、絵カードのサイトをいくつか見ています。
文字も印刷した方がきれいに見えますが、子どもたち自身に書いてもらおうと思っています。

最初は「きゃ」から。
ひらがなから。
(お)きゃく、きゃたつ・・・
カタカナの方が多いかな。
キャベツ、キャンディー、キャラクター、キャンプ、キャプテン・・・

うーん・・・

もう一つのクラスでは、漢字カードを作り始めました。
こちらは、画数も書き込み、最初は画数バトルゲームをしてみました。
楽しそうに闘っていました!
カードの数が増えたら熟語バトルもできたらいいなと思っています。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

「国際数学・理科教育動向調査」(TIMSS)

「国際数学・理科教育動向調査」(TIMSS)が実施した2007年度の調査結果が発表されました。
TIMSSS(Trends in International Mathematics and Science Study)というのは、国際教育到達度評価学会(IEA・本部はオランダ)という団体が、4年に一度実施してる調査です。
その名前のとおり、算数(数学)と理科が調査対象科目になっています。
日本では小・中学校に当たる学校で、学んだことがどれだけ身に付いているかを、国際的な尺度で測ろうというもの。

2007年の調査が四回目とのことですが、全部の回に参加している国の中に、日本とニュージーエランドは含まれています。(四回とも参加は21カ国(地域))


結果を見てみましょう。

小学校4年生・算数:平均得点(前回2003年の順位)
1位香港(2位)
2位シンガポール(1位)
3位台湾(4位)
4位日本(3位)
5位カザフスタン

20位アルメニア【調査結果平均値】

23位ニュージーランド(17位)




中学2年数学:平均得点(前回2003年の順位)
1位台湾(4位)
2位韓国(2位)
3位シンガポール(1位)
4位香港(3位)
5位日本(5位)

13位【調査結果平均値】
*ニュージーランドはデータなし

日本は小学生も中学生も高い平均値をマークしています。
ところが、「算数(数学)の勉強は楽しいか」という質問に対しては、こんな結果が出ていました。

◎強くそう思う(小4)(国際平均55%)
1位コロンビア86%
2位アルジェリア・グルジア・モロッコ・チュニジア83%


16位ニュージーランド50%


32位日本34%
36位台湾26%(最下位)

◎強くそう思う(中2)(国際平均35%)
1位アルジェリア79%
2位チュニジア71%
3位エジプト69%



46位日本・韓国9%
48位スロベニア5%(最下位)

算数(数学)の高い理解度、到達点に比べ、算数(数学)の勉強を楽しいと感じている子どもは少ないということですよね。

さらに、算数(数学)の学習に対する自信を聞いた質問に対して、「高いレベル」と答えた日本の中学生は17%しかおらず、最下位でした。

理科の得点分布をみても、小学4年生も中学2年生も日本は高い位置にいます。
小学4年生が4位(前回は3位)、中学2年生は3位(前回は6位)。
ニュージーランドの小学4年生は22位(前回12位)、でした。
けれどもやはり、里香の勉強を楽しいと感じている子どもhあ小学4年生、中学2年に共に国際平均を下回っています。
特に中学2年生は全体の下から3番目、18%でした(国際平均46%)。

学習に対する自信度も低く、中学2年生は最下位でした。

日本の子どもたちは、学力は高いのに、その学習内容を楽しいとは感じておらず、自分の学力に対しての自信もあまりない、という結果になったようです。

どんな問題が出されていたのか、例が出ていました。
http://www.nier.go.jp/timss/2007/math_sci_item.pdf
参加した国や地域の正答率なども出ていますので、興味のある方はご覧になってみてはいかがでしょうか。

学力をはかる、という意味では、以前話題になったPISAよりも、こちらの調査の方がわかりやすいように思います。

テーマ : 子供の教育
ジャンル : 学校・教育

ブログのリニューアル

なかなか更新ができなかったブログですが、今年も継続していこうと考えています。
更新が滞ると、どうも怪しげな業者関連のコメントやトラックバックが増えてしまうのです・・・
が、がんばろう・・・

心機一転ということで、デザインを変えてみました。
かわいらしいイラストがお気に入りです。

教室のサイトの方も、ファイルの移送を完全に終わらせていないので、なるべく早くやらないと。
こつこつがんばります。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

2009年

2009年のSYUDIO.Sも元気いっぱいでスタートしています。
昨年は、公私ともにばたばたとしてしまいましたので、今年は計画的に余裕をもっていこう!と考えています。

今年はホリデー中にもいくつかレッスンをしました。
NCEAコースのエイプリルちゃん(15歳)、日本語コースのまりちゃん(13歳)は昨年のTerm4からレギュラークラスに入ってきた新メンバーです。
二人ともやる気いっぱいです!

それから、以前教室に在籍していたケビン君とマヤちゃんがひさしぶりにSTUDIO.Sに来てくれました。
仲良しのアリサちゃんと一緒にホリデーレッスンです。
最終日にはディラン君も参加してくれました。

そして、掛け算の九九をがんばったのは、せらちゃんです。
ホリデー中に7回も来てくれました。
その頑張りぶりは素晴らしかったです!

みんな、どうもありがとう!

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

STUDIO.S日本語教室

Author:STUDIO.S日本語教室
ニュージーランドで小さな教室を開いています。
海外で暮らす子どもたちの日本語保持の方法を試行錯誤しています。
活字中毒。動物好き。
ガーデニング初心者で楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

教室で使っているあれこれ

教室で使っている教材・教具のご紹介をしています。これから使ってみたいものもあります。

ランキングに参加しています

よろしかったらぽちっとクリックお願いします♪励みになります☆ 人気blogランキングへ

ポイントサイト:ちょびりっち

懸賞・小遣い ちょびリッチ