FC2ブログ

IBインターナショナル・バカロレア・5

Part2では、異なったジャンルの中から作品を2つ選びます。
そして、オーラルのテストがあります。
問題はIB本部から送られてきました。
選んだ作品の中の一部を抜粋し、その部分についてのかなりつっこんだ質問が問題になります。
口頭で答えるのですが、こう君の場合はそれをテープに録音してIB本部に送り、採点してもらいました。

ここで選んだのは、次の2作品です。
檸檬 (新潮文庫)檸檬 (新潮文庫)
(1977/12)
梶井 基次郎

商品詳細を見る


新編日本古典文学全集 (58) 謡曲集 (1)新編日本古典文学全集 (58) 謡曲集 (1)
(1997/04)
不明

商品詳細を見る


梶井基次郎の『檸檬』と『桜の樹の下には』。
これらは短編小説ですので、読了するのに時間はあまりかかりませんでした。
ただ、短い文、理解するのが大変そうでした。

謡曲は、「戯曲」というジャンルになります。
これは、IBからのブックリストの中で指定されていた『隅田川』と『弱法師』の2つを選びました。
以前にも書きましたが、私の大学卒業論文が陽極を扱ったものだったので、家に謡曲集があったことも選択に影響しています。

作品を読み終わるまでは、作品そのものには触れませんでした。
授業では、小論文を書く練習を続けていました。
日本の大学入試で出された過去の問題を探して練習問題にしました。
論文の書き方を練習するつもりで、テンプレートを用意し、それに沿って書いたりもしました。
スポンサーサイト



テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

IBインターナショナル・バカロレア4

4年間にわたって取り組んできたIBのレッスンが無事に終了しました。
そこで、これまでの様子をまとめていきたいと思います。

私が初めてIBの生徒さんと一緒に勉強することになったとき、情報がほとんどありませんでした。
そこで、ここでのささやかな記録が何かの役に立つかもしれないと考えたからです。

カテゴリーにもIBの項目を増やしました。
以前に3つほどIB関係の記事がありましたので、そちらも移動させています。
少しずつですが、こう君となおちゃん、二人の生徒との4年間をまとめていけたらいいなと思っています。

まず、1人目の生徒、こう君の場合から。

IBの文学では、4つの分野で合計13冊の本を読むことになります。
Part1は世界文学の中から3作品を選びます。
その際に、作品のジャンルは統一していなければなりません。
こう君は、小説のジャンルで選びました。
選んだのは次の三冊。
蜘蛛女のキス (集英社文庫)蜘蛛女のキス (集英社文庫)
(1988/10)
マヌエル プイグマヌエル・プイグ

商品詳細を見る

蝿の王 (新潮文庫)蝿の王 (新潮文庫)
(1975/03)
ウィリアム・ゴールディング平井 正穂

商品詳細を見る

1984年 (ハヤカワ文庫 NV 8)1984年 (ハヤカワ文庫 NV 8)
(1972/02)
ジョージ・オーウェル新庄 哲夫

商品詳細を見る


テーマは「閉塞した状況の中で」。
3作品のうち、少なくとも2作品を取り上げて論じなければなりません。
そこで、閉塞した状況という共通項がありながらも、刑務所の一室の中で大人の男性二人でストーリーが進んでいく「蜘蛛女のキス」と、少年たちが動き回る「蠅の王」のに作品を対比させて論じていくことにしました。
Part1では、3000字の論文を書いて提出するのです。
記述はPCのWordを利用しました。

こう君との学習は、まず作品を読まなければなりません。
そして、分析していきます。
けれども、普通の学校生活も同時進行であるので、なかなか進みませんでした。
そこで、読み終わるまでは、基本的なレトリックの学習から始めました。
短い詩を使って、比喩や倒置法、擬人化、体言止め、リフレインなどの用語と効果を練習していきました。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

教室の片づけとクラスの名前

もともと整理整頓が苦手な私・・・
教室も、どんどんモノが増え、大変なことになっています。
大きめのクローゼットが付いているのですが、その中も箱が積み重なり、さらにその上にモノが置かれ。
2009年度の新しい教科書を総領事館からいただいたのですが、名前を記入しただけでまたもらってきたときの段ボールへ直行。
本棚にゆとりがないのです。

教室を始めてから、ますますモノが捨てられなくなったような気がします。
というのも、いつか何かに使えるのではないか!と思うから。
実際、おすしを買った時の和風のふた付きトレイはお雛様などのクラフトの台になりそうだし。
授業では使う機会がなかった中学校の保健体育の教科書も、中の写真を使って宿題を作成したり、表紙のつるつる厚紙を利用して、お雛様クラフトの屏風を作りました。
そんなわけで、なかなか捨てられません。
でも、スペースには限りがあります。
今年は、在庫一掃を目標にレッスンを考えようと思います。。。

収納関係のブログを見ていると、みなさん捨てているんですよね。
中には一日10コ捨てるという目標を掲げていらっしゃる方も!
そこまでまねをすることはできないけれど、学習環境も大切なこと。
少しでも子どもたちが集中して学習できるように、教室環境を整えることも大切なことだと思います。

今年の自己紹介カードは、そんな教室環境も考えて、こんな風にしてみました。
DSCN0300.jpg
class2.jpg



曜日毎に分けて掲示するのは例年通りですが、今年はクラスの名前を一緒に掲示。
2つある数学専門のクラス以外は、全部のクラスに名前がついたからです。
これまで、個人レッスンのクラスは、特に名前をつけていなかったのです。
クラスの名前は子どもたちが考えます。
日本語で、というのが基本のお約束。
一番もめたのは「半熟クラス」。
決選投票まで行ったのでした☆

今年一年、このクラスで頑張ろうね!

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

STUDIO.S日本語教室

Author:STUDIO.S日本語教室
ニュージーランドで小さな教室を開いています。
海外で暮らす子どもたちの日本語保持の方法を試行錯誤しています。
活字中毒。動物好き。
ガーデニング初心者で楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

教室で使っているあれこれ

教室で使っている教材・教具のご紹介をしています。これから使ってみたいものもあります。

ランキングに参加しています

よろしかったらぽちっとクリックお願いします♪励みになります☆ 人気blogランキングへ

ポイントサイト:ちょびりっち

懸賞・小遣い ちょびリッチ