FC2ブログ

コンクール

Term1から作ってきている俳句と短歌ですが、今年の応募フォームが出ました。
しめきりが7月下旬。
このTermの間に清書もすませなければなりません。
もう少し作品を作って、3作品ずつ選ぼうと考えています。

そのほかのコンクールもいろいろと検索してみました。
半熟クラスの子どもたちからは、絵画系のコンクールにも挑戦したいという声が上がっていました。
そこで、絵画コンクールをいろいろと見てみました。
応募条件に「日本在住」というものがあるものは、応募できません。
しめきりが、あんまり近くても無理。
うんうん、うなりながら3つぐらいをピックアップ。
絵本部門などもあるので、えんぴつクラスにもよさそうです。

コンクールという目標があると、子どもたちの作品作りのモティベーションが違います。
入賞することももちろん目標の一つではありますが、締め切りに向けて集中して作品に取り組むことも大切だと考えています。

同じように検定試験などにも取り組んでほしいなと思っています。
今年は、パフュームクラスのジュリアちゃんが漢字検定を、NCEAクラスのエイプリルちゃんが日本語能力試験を受ける予定です。
漢字検定は、えんぴつクラスのみんなにもおすすめしているところです。
スポンサーサイト



テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term2 2週目 月曜日

えんぴつクラス 5名

先週作成した子どもの日クラフトを完成させるところからスタートしました。

針に糸を通し、二重にして玉結びにしたものを、ひとりひとりに渡します。
まずは、一番小さいサイズのこいのぼりの口から針を入れ、背中から出します。
次に、適当な間隔をあけた場所に、花の形のスパンコールを通します。
花の真ん中に穴があいているタイプです。
真中から針を通し、花びらの間を一つ選んで、そこに糸を引っ掛けるようにします。
そして、また真ん中の穴に針を通すと、軽く固定されます。
そこに、中ぐらいのサイズの鯉のぼりを通します。
今度はお腹側から背中まで、ぶすっと貫通。
という作業を繰り返します。
最後は兜。
今までよりも若干間隔を長めにあけて、スパンコールを通します。
そこに兜をかぶせるように通します。
最後は、針ぎりぎりで糸を切り、結びます。
これで完成♪
できあがったこいのぼりをホワイトボードにはってみると、なかなか素敵。
のれんのような感じもいいですね☆
なんて喜んでいたら。。。
レッスン終了時に返すことをすっかり忘れてしまいました。。。
ごめんね~!
来週必ず渡すからね!!

その後は通常レッスン。
五年生の上巻に入ったえんぴつクラスの音読題材は『新しい友達』。
難しい言葉もでてくるけれど、みんながんばって読みました。
来週は二の場面を読みますので、練習してくることが宿題その一。

続いて、Term2のテーマのひとつ、部首について。
一回目の今日は「にんべん」をとりあげました。
教科書の巻末に載っている漢字の一覧を見て探す子もいました!
8つの漢字を板書して、それを使って短文づくりをしてくること、が2つ目の宿題となりました。

最後は、今月の漢字。
今月は「秋」です。
くだものの秋、ということで、各曜日毎に色を決め、果物の形にした紙に書いてもらうことしました。
月曜日は濃い黄色。
山吹色?
えんぴつクラスでは、パイナップルが2人、バナナが1人、レモンが2人となりました。

きょうりゅうクラス 1名

小学一年下巻の『ずうっと、ずっと、大すきだよ』の二の場面を音読しました。
とっても上手に読めていました!
来週は三の場面です。

宿題は、これまでに習った漢字を使った短文の練習です。
短文づくりは、新しく知った言葉の意味を理解し、それらを正しく文中に用いることで、理解言語から使用言語へと高めていきたいという願いをもっています。
そのため、授業中あるいは宿題で、ほとんどのクラスが取り組んでいます。

最後に、今月の漢字。
たいが君は洋梨の形を作りました。
さらに、自分の名前を漢字で書きました!


カラフルクラス 1名

四年生下巻の『白いぼうし』位置の場面の音読から授業が始まりました。
主人公である「松井さん」という名前に、なぜかうけるももかちゃん。
なんだかとっても気になる様子でした。
内容理解はいつものように、「今読んだお話のタイトルは?」「今読んだ場面は何場面?」から始まって、時・場所・登場人物へと続きます。
そして、この場面のキーワードにもなる「夏ミカン」について説明してある個所を探しました。

続いて社会。
こちらは五年生の産業にからめて、生産地調べです。
のぶこ先生が送って下さっている新聞の折り込みチラシの中から、生産地が書かれている野菜や果物、魚介類などを切り取ったものを、日本地図の貼り付けていきます。
今日は、北海道のほたてとトマト、長野県のキャベツ、和歌山県のきのこなどを貼りました。
その後、北海道、本州、四国、九州といった地名も地図に書き込みました。

最後に今月の漢字。
ももかちゃんはマンゴーにしました。

宿題は『白いぼうし』二の場面の読み練習と、算数プリント2枚です。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

Term2 1週目 土曜日

NCEAクラス 1名

NCEAクラス、なのですが、今年日本語能力試験3級合格を目指すエイプリルちゃんとは、Term2が始まっても試験勉強を続けました。
マレーシアに住む御親戚が、紀伊国屋で購入してくれたテキストを2冊持ってきてくれたエイプリルちゃん。
早速文法事項から取り掛かります。
Step1ではますVerbがまとめられていました。
全部で8パターン。
テキストを読み、意味を確認し、問題を解きます。
ノートにきれいにまとめていくエイプリルちゃんの集中力には素晴らしいものがありました!
1時間ちょっとで8つのパターン全部をこなしました。

後半は漢字のドリルも。
読みかたを選ぶ問題と、漢字を選ぶ問題があります。
わからない字は漢字練習用のノートに書き込み、練習してくることが宿題になりました。

さらに、2007年のテストを解いた際にわからなかった言葉を単語帳に書きます。
それを使って短文を作ってくることも宿題になりました。


楽しいクラス 1名

小学一年生下巻『くじらぐも』が、まりちゃんの音読テキストです。
漢字も少しずつ増えてきましたが、がんばって読みました。
新しい感じの書き方をノートに練習します。
とっても丁寧に練習していました。

その後は、子どもの日クラフト。
こいのぼりを作りました。
円形に切った厚紙を半分に折り、片方を斜めに切って口にします。
本体に無地の折り紙をはり、同系色の模様折り紙を重ねます。
口の部分は白いコピー用紙を使いました。
さらに、目を作り、ひれを作ってできあがり。
一匹目は一緒に作りましたが、二匹目は独りで完成させました!
もう一枚円形に切った厚紙に、奈美の模様の折り紙を貼って、飾り台に。
余った厚紙を三角形になるように折って、半紙に筆ペンで書いた「こいぼり」を貼りました。
前に筆ペンを使った時は、緊張して手が震えたまりちゃんも、今回はスムーズに書けたようで大満足でした☆


パフュームクラス 3名

まずは、Term2の目標を考えました。
それから、文法事項。
一つ目は「へ」。
XX(場所)へ行く、という文型の練習をしました。
続いてXXへ来ますか?という形。

そのあとはNCEA Level1のテキストから「い形容詞」と「な形容詞」の練習です。
プリントの半分をみんなで埋め、残り半分の和訳は宿題になりました。

後半はこいのぼりづくり。
楽しいクラスのまりちゃんと同じタイプのこいのぼりを作成しました。

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

子どもの日

今日はノースショア日本語勉強会のTerm2一回目です。
子どもの日ということで、幼稚園クラスも含む全体行事となりました。
ホリデー前から計画していたのですが、今回は外のフィールドも使ったオリエンテーリング形式にすることに。
けれども、それだけでは、待っている間の時間がもったいない・・・ということで、グループごとに大きな鯉のぼりを作ることにしました。
一人ひとり持って帰ることができる作品、ということも考えたのですが、あえてこういう場でしかできないオオモノに挑戦してみたのです。

大きな鯉のぼりを集団で作る、という経験は私自身にもありませんでした。
ですから、まずはリサーチから。
インターネットでいろいろな検索をして、大きな鯉のぼりの作り方を探しました。
キットも売られていたのですが高価です。
届くまでの日数などもありますので、基本的に手作り路線で探しました。
子どもたちが扱いやすい画材を使用することを考えると、本体はやっぱり紙がいいかな?
となると、問題はサイズです。
小さな紙を張り合わせるよりも、大きな紙にどどーん!と描かせたい、と思いました。
でも、紙も高いのです。
そして、模造紙のような大きな紙を文房具屋さんでは見たことがありませんでした。
ラッピングペーパーがいいかな・・・などと考えながらホリデーに突入。

その時、私の脳裏をかすめていたのは、引っ越しの際に業者さんがくださる紙、でした。
というのも、以前仲良くしてくれたお友達が、引っ越しの際に真っ白でつるつるの大きな紙を大量にくれたことがあったからです。
食器などを包むようにと、引っ越し業者さんがくださったものだと言っていたような・・・?
もらった紙は教室でどんどん使ってしまったのですが、あのサイズならちょうどいいのでは?と思っていたのでした。

そして始まったホリデー。
以前教室で教えてくれていたきみちゃんのおうちに、家族で遊びに行ったのですが!
そこで見つけたのは、引っ越し業者さんの紙、だったのでした★
グレーがかった色の紙ですが、つるつるではないのでむしろ色鉛筆には向いているのではないかと思い、早速きみちゃんにおねだりしてもらってきました。
ありがとう、きみちゃん!!

そして、まき先生と一緒にこいのぼりのうろこ模様を考えました。
最初は紙をはったりしてみようか?とも思ったのですが、紙のサイズが大きいため、うろこの数も多いのです。
それだけの紙を用意するのはちょっと大変。
子どもたちものりではりつける作業だけでは退屈してしまうでしょう。
そこで、うろこ一枚一枚に絵を描くことにしました。
早速まき先生と一緒にサンプルづくり。
カラフルなうろこができがありました。

そんなこんなで迎えた当日。
朝のうちはよいお天気だったのですが、会場に到着した3時半過ぎには、やや怪しい雲が浮かんでいました。
雨が降った場合は屋内でのオリエンテーリングということで、屋内のマップも用意してはいたのですが、できれば外でやりたい・・・
あきこ先生に新聞紙を張り合わせる作業を手伝ってもらいながら、どうしようかな・・・と考えました。
結果、外での決行に!

早めに来ていたもーちゃんに手伝ってもらってフィールドの8か所に問題用紙をくくりつけました。
もーちゃん、ありがとう!

そして、本番スタート・・・
グループ分けも、当日の欠席者を考慮してその場でフレキシブルに編成しました。
オリエンテーリングとこいのぼりづくりという2つの新しいことをするので、時間配分もゆるめに設定しておきました。
が、しかし。
子どもたちは、フィールドをほとんど走って問題に答えていたようです。
「前のグループはぬかさない」ということは、リーダーに伝えてあったので、順番は守ってくれましたが、かなり走っていました!
タフです!!
出発を待つ間、またオリエンテーリングから戻ってきた後の時間で、それぞれ素敵なこいのぼりができました。
クイズの答え合わせをして、こいのぼりの歌をCDで聞いて、最後は写真撮影。
返る時には、柏餅とジュースをいただきました。

みなさん、お疲れ様でした!

テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

STUDIO.S日本語教室

Author:STUDIO.S日本語教室
ニュージーランドで小さな教室を開いています。
海外で暮らす子どもたちの日本語保持の方法を試行錯誤しています。
活字中毒。動物好き。
ガーデニング初心者で楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

教室で使っているあれこれ

教室で使っている教材・教具のご紹介をしています。これから使ってみたいものもあります。

ランキングに参加しています

よろしかったらぽちっとクリックお願いします♪励みになります☆ 人気blogランキングへ

ポイントサイト:ちょびりっち

懸賞・小遣い ちょびリッチ