FC2ブログ

読み聞かせ2

本の選び方のポイントについて書いてみます。まずは、3歳くらいまでなら、の場合です。

1. 1ページの文章が短いもの
→小さな子供は先が気になるものです。ページをめくるという行為そのものが楽しいときでもあります。リフレイン(繰り返し)や、韻を踏んでいるなど、単純でリズミカルな文章のものなどは、子供たちもすぐに覚えて一緒に口ずさみます。

2.絵を見ただけでストーリーがわかるもの
→かならずしもドラマチックでなくてもいいのです。次の展開を想像したくなるようなストーリーが楽しいようです。

3. 色鮮やかな絵のもの、絵だけでも訴える力のあるもの
→ 赤ちゃん時代にはシンプルなものがよいと聞いたことがあります。たとえばミッフィーやしろくまちゃんに代表されるような絵です。明るい色使い、単純化されたフォルムが、子供たちには認識しやすいそうです。
少し大きくなってきたら、美しいさし絵のものもたくさん見せてあげたいですね。これは、芸術的な体験にもつながりますね。

4.読み手が気に入ったもの→ご自身が小さい頃に読んだもの、クラシカルな古典的名作、最近話題の新作などなど、選択はいろいろありますね。読み手自身がいやいや読んでいては、子供も楽しくありません。

5. 子供が選んだもの
→たとえ上記の4つにあてはまらなくても、子供自身が好きな本ならば問題ありません。繰り返し同じ本に執着してもいいのです。今まで言った事と矛盾しているようですが、子供にとって本を読んでもらう時間は特別な時間なのです。心地良くすごせる時間を大切にしてください。「選ぶ絵本の割合は、親が読ませたい本1:子供が読みたい本9」ということも言われています。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

STUDIO.S日本語教室

Author:STUDIO.S日本語教室
ニュージーランドで小さな教室を開いています。
海外で暮らす子どもたちの日本語保持の方法を試行錯誤しています。
活字中毒。動物好き。
ガーデニング初心者で楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

教室で使っているあれこれ

教室で使っている教材・教具のご紹介をしています。これから使ってみたいものもあります。

ランキングに参加しています

よろしかったらぽちっとクリックお願いします♪励みになります☆ 人気blogランキングへ

ポイントサイト:ちょびりっち

懸賞・小遣い ちょびリッチ