FC2ブログ

海外で日本の絵本

読み聞かせが、日本語の習得にとても有効であるということはよく言われていますね。
私自身、本が好きなので、ニュージーランドに移住する際に自分の蔵書(というほどでもないですが)はすべて持ってきました。
さらに、教室を開くにあたり、日本から送ってもらったり、一時帰国をした際に購入したり、あるいはこちらで開かれるバザーやガレージセール、クラシファイドでの売りますコーナーで、などなど、いろいろな手段で日本の絵本を手に入れてきました。
Amazonなど、インターネット上でも購入可能ですね。
教室の前のせまい廊下にはそうやって集めた本が並んでいます。
貸し出しも行っていますが、子どもたちに圧倒的に人気なのは漫画です

ところで、絵本を選ぶ際に、どんなものを選べばいいのかわからない、という声も聞いたことがあります。
私自身が購入する際は、まずは自分の好みで選んできました。
ガレージセールなどの場合は、状態の良いもの、という条件も加わったりしますが、基本的には自分が読みたいな、読んであげたいなと思うものを選んでいます。

それでも、たくさんの本の中から選ぼうとすると、迷ってしまうこともあるかもしれません。
そういう場合には、ブッククラブ、という方法もあります。
たとえば、「童話館ぶっくくらぶ」 http://www.douwakan.co.jp/index2.html
こちらは、毎月数冊の絵本を選んで送ってくれるというシステムです。
ニュージーランドの場合、月に2冊だと送料は1000円。
そこにプラス絵本の代金が加算されます(2000円から2500円ぐらいだそうです)。
ゆうちょ銀行口座からの自動引き落としとなっています。
口座を持っていない場合は、日本在住のご家族などにお願いしたりするようです。
入会金は不要とのこと。

おじいちゃんおばあちゃんからのプレゼントという方法でも人気があるそうです。
自分では選ばないような本が送られてくることもあって、親としても新鮮な気持ちで読むことができるとか。
思いがけない本が子どもの心をひきつけるとか。
いろいろな利用者の皆さんの声も目にしました。

本は購入するだけではなく、借りるという方法もありますね。
ご存知かもしれませんが、タカプナ図書館には、日本語の児童書コーナーもあります。
それから、子ども図書館もありますね。
いろいろな方法で、子どもたちの本を手にする機会が増えることは、とてもいいことだと思っています。
スポンサーサイト



テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

コメント

Secret

プロフィール

STUDIO.S日本語教室

Author:STUDIO.S日本語教室
ニュージーランドで小さな教室を開いています。
海外で暮らす子どもたちの日本語保持の方法を試行錯誤しています。
活字中毒。動物好き。
ガーデニング初心者で楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

教室で使っているあれこれ

教室で使っている教材・教具のご紹介をしています。これから使ってみたいものもあります。

ランキングに参加しています

よろしかったらぽちっとクリックお願いします♪励みになります☆ 人気blogランキングへ

ポイントサイト:ちょびりっち

懸賞・小遣い ちょびリッチ