FC2ブログ

読み聞かせ5

今日は、読み聞かせのポイントについて考えてみます。

1.読み手が楽しむこと
→嫌々読んでもらっても、子供達も楽しくありません。オーバーアクションでなくてもいいのです。読み手自身が楽しいなぁと思える本を選ぶ事が大切ですね。

2.毎日の習慣にする
→一日一冊、一日十分でもいいのです。毎日の習慣にしていきましょう。大事な親子のコミュニケーションになるはずです。日中は、子どもたちの気が向いたとき、「読んで」と要求があったときに。そして、寝る前の一時を読み聞かせタイムとする、というパターンが多いようです。その際には、お父さんが読んであげているという例も多く聞きました。日中触れ合う機会がなかなか無い場合は、いいチャンスかもしれませんね。

3. ゆっくりとはっきりした声で→ことさらオーバーに感情移入しなくても構わないと思います。ただし「聞いてもらっている」という気持ちを忘れずに。

4.読み手の言葉で絵の説明を
→これは、赤ちゃん時代に効果的です。集中力も短く、言葉にそれほど関心の無い時には、本文をそのまま読むよりも、絵を見せながら「イヌがいるね」「空が青いね」と話し掛けてあげましょう。(もちろん、本文を読んではいけないと言う意味ではありません) 登場人物の名前を、子どもさんの名前に変えてあげるのも喜びますね。また、日本語の絵本が手元にない場合も、読み手が英語の文章を日本語に訳して読んであげることができますよね。

5.文章を読むとき、指で文字をなぞりながら→文字への興味も出てくる3歳頃からは、文章を読む時に一緒に指で文字を追いかけたりする工夫も効果的です。文字と音が一緒に入ってきます。子供たちは、読める字は読もうとします。一文字だけでも自分が読める字を見つけると、それを指差して発音したりする場面もあります。「すごい!!」とびっくりさせられることがありますね。

6.お気に入りをつくる
→読み手にしてみると、同じ本を繰り返し読むのはつまらないものです。それでも子供たちは「もう一回」「また読んで」と、同じ本を読んでもらいたがる時があります。考えて見ると、これはチャンスなのです。子供たちが「お気に入りの一冊」を持っているということなのですから。繰り返し繰り返し読んでもらった本は、内容を暗記してしまう場合が多いようです。文字が読めない年齢でも、ぱらぱらとページをめくりながら文章をぶつぶつとつぶやいている…というお話もよく聞きます。覚えてしまうぐらい好きな本があるって、すばらしい事だと思います。

7.感想を聞かない→読み終わった後に感想を聞いてしまうと、読後感が失われます。子供たちの方から「あそこが面白かったね、びっくりしちゃった」「このくまはがんばったね」という感想が出る場合もありますが、「そうだね」と受け止めるだけで十分です。感想をまとめるのはとても難しい事です。うまく言葉にできなかったり、適切な表現が思いつかなかったりで口を閉じてしまう子供もいます。読み聞かせは勉強ではありません。たっぷりと聞く、これだけで十分なのです。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

STUDIO.S日本語教室

Author:STUDIO.S日本語教室
ニュージーランドで小さな教室を開いています。
海外で暮らす子どもたちの日本語保持の方法を試行錯誤しています。
活字中毒。動物好き。
ガーデニング初心者で楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

教室で使っているあれこれ

教室で使っている教材・教具のご紹介をしています。これから使ってみたいものもあります。

ランキングに参加しています

よろしかったらぽちっとクリックお願いします♪励みになります☆ 人気blogランキングへ

ポイントサイト:ちょびりっち

懸賞・小遣い ちょびリッチ