FC2ブログ

継承言語とは何か

昨日の記事には、「海外で暮らす子供たちの日本語は継承言語になる」というタイトルをつけました。
さて、「継承言語」とは、いったいなんでしょう?
私も、こちらにきてバイリンガル・バイリテラシー・バイカルチャーについて勉強している中で知りました。

継承言語というのは、「親から受け継いだ言語」のことです。
日本語を母語とする親から、と言ったほうがいいかもしれません。
そして、たとえ日本語が母語にならないとしても、継承言語になることは可能です。なぜなら、子供にとっての日本語は家族の誰にも由縁のない第二第三外国語ではなく、親に由縁のある言語なのですから。

最近の、特に多文化他民族の環境でのバイリンガル研究は、母語と外国語という捉え方ではなく、親から受け継いだ継承言語と、毎日の生活に必要な現地語という捉え方が増えてきているようです。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

STUDIO.S日本語教室

Author:STUDIO.S日本語教室
ニュージーランドで小さな教室を開いています。
海外で暮らす子どもたちの日本語保持の方法を試行錯誤しています。
活字中毒。動物好き。
ガーデニング初心者で楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

教室で使っているあれこれ

教室で使っている教材・教具のご紹介をしています。これから使ってみたいものもあります。

ランキングに参加しています

よろしかったらぽちっとクリックお願いします♪励みになります☆ 人気blogランキングへ

ポイントサイト:ちょびりっち

懸賞・小遣い ちょびリッチ