FC2ブログ

Scholarship Japanese Speaking

今年から形式が変更になるScholarship Japanese Speaking。
これまでは、文章を読んでじっくりと考える時間があったのですが、今年から大幅な変更があります。
一人ずつ別室に呼ばれ、問題用紙を手渡されます。
5分間でその問題を読み、別紙に自分のアイデアをメモします。
5分たったら問題用紙は回収され、即座に録音が始まります。
Speakingの時間は3分から4分。

これには、今年Scholarship Japaneseを受験する予定の二人が大ショックを受けてしまいました。
5分じゃ何も考えられない!と。
確かにそうです。
かなり短い時間です。
けれども、これがテストの形式であるならば、それに沿って練習をしなければなりません。

しかし、ここでもう一つ問題が。
例題がほとんどないのです。
今年度のための練習問題が一問、NZQAのサイトにありますが、それだけ!

そこで、インターネットで例題を探して見ることにしました。
しかし・・・
見つかったのは初級の質問ばかりで、Scholarship Japanese Speakingに匹敵するような問題がみつかりません。
困ったなぁ・・・

今日も、レッスンとレッスンのあいまの1時間を使って最後まで探してみましたがちょうどいいものが見つかりませんでした。
しかたがないので、海外帰国生のための大学入試問題からいくつか使えそうな問題をピックアップしてみました。
こちらではJapaneseは外国語なわけですから、外国語を学んできた学生に対しての質問・・・と考えて選んだのは、「言葉」に関するもの、「異文化」に関するもの、「社会環境」に関したものなどです。

せまい教室で、顔なじみのお友達と一緒であっても、緊張する二人・・・
録音すると、声が震えてしまったり、思うように言葉が出てこなかったり。
これはもう、度胸を決めてやるしかありません。

Scholarshipの前に、学校の学年末テスト真っ只中の二人。
ベストを尽くしてくれることを祈っています!
スポンサーサイト



テーマ : 海外で暮らす子供の日本語教室
ジャンル : 学校・教育

コメント

Secret

プロフィール

STUDIO.S日本語教室

Author:STUDIO.S日本語教室
ニュージーランドで小さな教室を開いています。
海外で暮らす子どもたちの日本語保持の方法を試行錯誤しています。
活字中毒。動物好き。
ガーデニング初心者で楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

教室で使っているあれこれ

教室で使っている教材・教具のご紹介をしています。これから使ってみたいものもあります。

ランキングに参加しています

よろしかったらぽちっとクリックお願いします♪励みになります☆ 人気blogランキングへ

ポイントサイト:ちょびりっち

懸賞・小遣い ちょびリッチ