FC2ブログ

音読2

音読の2回目は、「暗記・暗唱」について考えてみます。

「読書百篇」という諺があります。意味がわからなくとも百回読めば、自然と書かれている内容を理解する、という意味です。一つの文章を百回読むことは容易な事ではありません。百回までいかなくとも、どこに何が書いてあるかをさっと指摘できるようになるまでには三十回の練習が必要である、ということが言われています。これは、内容理解のために必要な音読の回数と考えてもいいと思います。

教室でも、教科書やテキストを学習しているクラスでは「読み」の宿題が出ています。子供たちは大抵1回読んでおしまい、としてしまうようです。週一回のレッスンと、家庭での一回の練習では、三十回にはなかなか達しないままです。「読み」の宿題のポイントは、すらすらと読めるようになることです。一文字ずつの拾い読みでは内容の理解までには至りません。「暗記するくらい読んできてください」という指示を出すこともあります。音読カードを作って、読みの宿題を確認する方法を取った事もあります。教科書やテキストに、読んだら色を塗る方法で何度も繰り返すことを促した事もありました。
三十回という具体的な数字は、達成が難しいかもしれません。それでも少しでも多く読みの練習を繰り返してほしいと思っています。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

STUDIO.S日本語教室

Author:STUDIO.S日本語教室
ニュージーランドで小さな教室を開いています。
海外で暮らす子どもたちの日本語保持の方法を試行錯誤しています。
活字中毒。動物好き。
ガーデニング初心者で楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

教室で使っているあれこれ

教室で使っている教材・教具のご紹介をしています。これから使ってみたいものもあります。

ランキングに参加しています

よろしかったらぽちっとクリックお願いします♪励みになります☆ 人気blogランキングへ

ポイントサイト:ちょびりっち

懸賞・小遣い ちょびリッチ