FC2ブログ

母語とは何か

では、母語とはなんでしょう?
文字通り母なる言語です。
いや、これではちょっと説明になっていませんね。
 

ある人が幼児期に周囲の大人たち(特に母親)が話すのを聞いて最初に自然に身につけた言語。

 

これはgooのオンライン国語辞書で調べたものです。三省堂の大辞林です。

Wikipediaではこうなります。

母語(ぼご)は、幼児が最初に覚える言語。第一言語とも。日本語では、国を入れて母国語ということが多いが、言語は必ずしも国家と結びつくものではない。例えばフィリピンで母語として使われる言語は172あるが、公用語は英語とフィリピノ語の二つである。




フィリピンの母語の数はすごいですね!
驚きました。

それはさておき。

人間は思考する際に母語を使用するといわれています。
つまり、考える時に使用している言語が母語になりますね。そして、母語によって自分の価値観を明確にするとも言われています。ですから、日本語で考える人は、日本語の価値観を受け入れて日本文化を持った人といえるわけです。
母語は、単に言葉としてではなく、その背景にある文化や歴史、価値観とも無縁ではないのです。

バイリンガル教育についての文章を読んでいると、この母語の大切さが繰り返し登場します。
母語は木で言うと幹なのです。
幹がしっかりしていなければ、枝葉も貧弱になってしまいます。
そうなると、海外で子育てをしている多くの方が危惧するセミリンガルと言う状態になってしまうこともあるそうです。
これは、母語が確立できなかったために、どの言語でも抽象的で深い思索ができない状態をさすそうです。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

STUDIO.S日本語教室

Author:STUDIO.S日本語教室
ニュージーランドで小さな教室を開いています。
海外で暮らす子どもたちの日本語保持の方法を試行錯誤しています。
活字中毒。動物好き。
ガーデニング初心者で楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

教室で使っているあれこれ

教室で使っている教材・教具のご紹介をしています。これから使ってみたいものもあります。

ランキングに参加しています

よろしかったらぽちっとクリックお願いします♪励みになります☆ 人気blogランキングへ

ポイントサイト:ちょびりっち

懸賞・小遣い ちょびリッチ