FC2ブログ

イマージョン教育・1

多言語教育の世界では「イマージョン教育」と呼ばれるものがあります。
カナダで行われているものが有名だと思います。
「イマージョン教育」とは、いったいどういうものでしょうか。

イマージョン・プログラムとは、未修得の言語を身につけるために、その言語社会に溶け込んで、集中的にその言語の習得のために訓練を受ける教育。



Wikipediaでは、このように説明されていました。

「その言語社会に溶け込んで、集中的にその言語の習得のために訓練を受ける」というところが、これまでの外国語教育とは大きく違う点のようです。


カナダのフランス語教育で導入されたのが最初だそうです。
語学として第二言語を学習するだけではなく、その言語を使ってほかの科目の学習をするというのがこの教育方法です。
日本でも、国語以外の科目を英語で学習する「英語イマージョン教育」を実践している学校が十校あまりあるようです。
群馬県では公立の学校もこの方法を導入して話題になりましたよね。

本来は母語で学習し身に着けるはずの知識を第二言語で学ぶというこの方法には、もちろん否定的な意見もあります。
けれども、母語の使用時間や母語に触れる時間は、一日の中で家庭や周囲の環境から十分に確保しているという前提であれば、こうした方法は確実に外国語運用能力を高めるそうです。

「イマージョン教育」の「イマージョン」は英語のimmersionからきています。
「浸す」という意味です。
まさに、外国語に浸す状況を作る方法です。

カナダでは、ケベック州で1965年から始まったそうです。
ここはカナダの中のフランス語圏です。
けれども当然フランス語が母語の人ばかりが住んでいるわけではありません。
そこで、語を母語とする人々が、フレンチイマージョン教育を始めたのです。
そちらでは、算数、理科、体育、美術などを第二言語で学習します。
国語(英語)、社会といった教科は第一言語で学習するのです。
第二言語で学習する科目は、授業中の学習活動に実践的参加型の活動が多いからです。
知識を文字や言葉から吸収するだけではなく、数字を使ったり、実験をしたり、実際に自分の体を使って活動したりしますよね。
そういった科目では、自然な言語習得が起こる状況が造りやすいと言われているのです。
スポンサーサイト



テーマ : 日本語教育/異文化コミュニケーション
ジャンル : 学校・教育

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イマージョン・プログラムについて

イマージョン・プログラム イマージョン・プログラムとは、未修得の言語を身につける訓練手法の一つ。目標とする言語の言葉だけを習うのではなく、その言語環境で他教科も学ぶなど、その言葉に浸りきった状態(イマージョン)での言語獲得を目指す。1960年代にカナダで始ま

プロフィール

STUDIO.S日本語教室

Author:STUDIO.S日本語教室
ニュージーランドで小さな教室を開いています。
海外で暮らす子どもたちの日本語保持の方法を試行錯誤しています。
活字中毒。動物好き。
ガーデニング初心者で楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

教室で使っているあれこれ

教室で使っている教材・教具のご紹介をしています。これから使ってみたいものもあります。

ランキングに参加しています

よろしかったらぽちっとクリックお願いします♪励みになります☆ 人気blogランキングへ

ポイントサイト:ちょびりっち

懸賞・小遣い ちょびリッチ