FC2ブログ

IB(インターナショナル・バカロレア)3

さて、本を選択して届くのを待つ間に、勉強ははじめてしまいました。
といいますのも、今回この生徒の家庭教師探しは難航していたのです。
生徒の通う高校の日本語教師の先生からお電話をいただいたのですが、その時点ですでに新学期はスタートしていたのです。
お電話でお話した後、打ち合わせと言うか顔合わせが行われました。
そのときに分厚いIBからの資料を渡されました。
その中にブックリストも含まれていたのです。
生徒のこともよくわからないままに、短い時間の面談で得た情報を頼りに作品を選びました。

生徒、と書くのもなんだか変なのでM君とします。
M君はスポーツが好きな少年でした。
高校の途中からニュージーランドにきたそうです。
日本にいるときも、ニュージーランドに来てからも本はあまり読まないようでした。
特に文学作品は!
だとすると、あまり難解な作品や、構造がはっきりしていない作品は避けたほうがいいかな、と思いました。
また、全部で11冊をフルボリュームのものにすると読みきれないかもしれないとも思いました。

英語の授業で扱ったことがある作品が一つあったので、まずはそれを選びました。
また、家庭教師探しの間に一冊読んでみたと言う作品もリストに加えました。
その作品はシュールリアリズムの作品だったので、似た傾向の作品も選びました。
ふぅ。これで三冊です。

あとはもう独断と偏見です。
短編を入れたのは、全部の作品が長編ばかりだと大変だからです。
戯曲と詩はかならず選ばなければなりませんが、どちらも私の好きなものにしました。
戯曲は私が大学で専攻した分野のもの。
詩は、中学校の国語の教科書にも載っているポピュラーな詩人の作品を選びました。
これで6冊そろいました。
まだ、半分ですw
スポンサーサイト



テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

プロフィール

STUDIO.S日本語教室

Author:STUDIO.S日本語教室
ニュージーランドで小さな教室を開いています。
海外で暮らす子どもたちの日本語保持の方法を試行錯誤しています。
活字中毒。動物好き。
ガーデニング初心者で楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

教室で使っているあれこれ

教室で使っている教材・教具のご紹介をしています。これから使ってみたいものもあります。

ランキングに参加しています

よろしかったらぽちっとクリックお願いします♪励みになります☆ 人気blogランキングへ

ポイントサイト:ちょびりっち

懸賞・小遣い ちょびリッチ