FC2ブログ

教室の本

教室には、たくさんの本があります。
何度もきちんとした蔵書リストを作成しようと思っているのですが、追いついていません。
自分自身のプライベート所有本についても挫折しています。
いつか、教室に通っていない子どもたちにも、小さな図書室として開放したいと言う願いがあるのですが、まだまだその道のりは遠いようです。

教室の本の3分の1は、私が日本に住んでいた頃のものです。
小学校に勤務していましたので、学級文庫を作っていました。
最初の年に、絵本セットのシリーズをいくつか分割払いで購入しました。
高学年を担任したときには、講談社の青い鳥文庫や岩波少年文庫などの本を買い求めました。
自分自身が子どもの頃に読んだ作品もあれば、教員になって初めて知った作品もあります。

3分の1は、ニュージーランドに来てから手に入れました。
以前、ダウンタウンに日本の古本屋さんがありました。(残念ながら、もう閉店してしまいましたが)
そこで、ずいぶん購入しました。
そのほかに、バザーやガレージセールでも買いました。
特に、日本語幼稚園のバザーや、日本人会主催のJAPAN DAYの時などにははりきって沢山買いました。
それから、クラシファイドなどに絵本や子供向けの書籍が出ていると、予算の許す限り買いました。
また、いただいたものも多くあります。
教室に通う子どもたちが、もう読まなくなった本をお母さんが持ってきてくださったこともあります。
人づてに教室のことを知った方が、やはりお子さんが大きくなったので、と譲ってくださったこともあります。
本を処分するときに、教室のことを思い出してくださったことが嬉しいです。

残りの3分の1は、日本から寄付していただいたものです。
ニュージーランドに移住してきた当時、なんとか本を増やしたいとは思ったのですが、なかなか実行できませんでした。
そのときはまだ、上記の古本屋さんはなかったのです。
夫が日本にいた頃にニュージーランド協会に関係していたことを思い出し、日本各地にあるニュージーランド協会にあててお手紙を書きました。
本を寄付してください、というお手紙です。
何の面識もない私がお手紙を書いたところで、お返事はいただけないかもしれない。
でも、何もしないよりはいいだろう。
たとえ本を贈っていただけなくても、ここでこんな教室をやろうとしていることを知ってもらえたら・・・
そんな風に思っていました。

ところが、30通近く送ったお手紙に、なんと7つのお返事が返ってきたのです。
中には、複数箱もの本を贈ってくださった方もありました。
本当に、本当に嬉しかったです。
教室の壁一面に置いていた本棚がだんだんいっぱいになっていきました。
子どもたちも、自然に本を手に取るようになりました。

ご協力いただいた皆さんには、改めて心からお礼申し上げます。
ありがとうございました。

スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

STUDIO.S日本語教室

Author:STUDIO.S日本語教室
ニュージーランドで小さな教室を開いています。
海外で暮らす子どもたちの日本語保持の方法を試行錯誤しています。
活字中毒。動物好き。
ガーデニング初心者で楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

教室で使っているあれこれ

教室で使っている教材・教具のご紹介をしています。これから使ってみたいものもあります。

ランキングに参加しています

よろしかったらぽちっとクリックお願いします♪励みになります☆ 人気blogランキングへ

ポイントサイト:ちょびりっち

懸賞・小遣い ちょびリッチ