FC2ブログ

今日のニュース2

相手に聞いてもらえるような話し方を身につけるためには、どうすればよいでしょうか。

この目標を達成するためには、単なる「おしゃべり」ではなく、「公の場」で話しているという意識をもたせることが大切だと考えています。人前で話すことに緊張感を覚えたり、何をどう話していいかわからないと言う子どももいますよね。
何度も繰り返し取り組む事で、緊張感をなくしていくことはできます。
同じメンバーの前ですから、教室の雰囲気に慣れていくとともに、緊張感はほごれていきます。
ただし、「公の場」で話す以上、適度な緊張感は必要だとも考えています。
そこがおしゃべりとの違いでしょうか。

話し方がわからない、という場合もあります。
そんな時は、話し方のモデルを提示します。
こちらが、話すときのポイントを見せてあげるのです。
いつ、どこで、誰と、なにを、どんなふうにしたか、といういわゆる5W1Hの法則なども教えます。
そうしたモデルを見せ、最初は真似から始めていきます。
雑談との違いを知り、相手に伝えようとする意識をもってもらうことが大切だと考えているからです。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

STUDIO.S日本語教室

Author:STUDIO.S日本語教室
ニュージーランドで小さな教室を開いています。
海外で暮らす子どもたちの日本語保持の方法を試行錯誤しています。
活字中毒。動物好き。
ガーデニング初心者で楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

教室で使っているあれこれ

教室で使っている教材・教具のご紹介をしています。これから使ってみたいものもあります。

ランキングに参加しています

よろしかったらぽちっとクリックお願いします♪励みになります☆ 人気blogランキングへ

ポイントサイト:ちょびりっち

懸賞・小遣い ちょびリッチ