FC2ブログ

今日のニュース4

時間を考えながら、話をすることができるようにするには、どうすればよいでしょうか。

時間を考えながら話すことは、話し方を上達させるためには効果的だと思います。
その理由は、時間を意識すると大事なことを先に話さなければならないからです。
そうしなければ、肝心な話に入る前に時間切れになってしまうかもしれないですからね。
そうなると、子どもたちは「何を一番話したいか」「何が大事な話か」を考えるようになります。
そして、どうしてそれが大事なことなのかを考えるのです。

こうして、限定された時間の中で、構造的に考えた内容を話すことができるようになっていきます。
子どもたちは、一分間二分間、といった時間を有効に使って、聞き手に伝わる話を心がけるようになっていきます。

もちろん最初から時間を設定するわけではありません。
最初のうちは設定しないで自由に話してもらっています。
まずは、話すことが大切だからです。
そのうち、「1分間」と、制限をかけます。
1分なんて短い~~!と言いますが、実際に黙って1分待ってみると、これが以外に長いのです。
子どもたちは、これなら大丈夫、と安心します。

時間を限定すると言うと、時計係をかって出る子どももいます。
1分では足りないから1分半(プラス30秒というのがいじらしいではありませんか)にして!と言う子どももいます。
二人で一つの話題をするので、二人分2分ください!と言う子どももいます。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

STUDIO.S日本語教室

Author:STUDIO.S日本語教室
ニュージーランドで小さな教室を開いています。
海外で暮らす子どもたちの日本語保持の方法を試行錯誤しています。
活字中毒。動物好き。
ガーデニング初心者で楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

教室で使っているあれこれ

教室で使っている教材・教具のご紹介をしています。これから使ってみたいものもあります。

ランキングに参加しています

よろしかったらぽちっとクリックお願いします♪励みになります☆ 人気blogランキングへ

ポイントサイト:ちょびりっち

懸賞・小遣い ちょびリッチ