FC2ブログ

ロールプレイで会話劇2

ロールプレイで会話劇のレッスンプランは、次のように考えました。

場面設定、登場人物について提示する。
全員で、その状況を検討する。
自分だったら、どんな会話をするか考える。
丁寧な話し方を考える。
役割を分担して、実際に会話してみる。

そして、次のようなプリントを配布しました。

◆電話の応対
1「    」
2「もしもし。●●さんのお宅ですか?」
3「             」
4「お母様はいらっしゃいますか?」
5「                   」

母親が在宅の場合、あいている「 」には、どんな言葉が入るか考えさせました。
そして、解答を確認した後で、会話してもらったのです。
私自身が思っていた内容とは、少し違っていました。

「もしもし」と出る、と書く子どもが少なかったのです。
「はい」で済ませてしまうことが多いようでした。
もちろん、ここニュージーランドでは、かかってきた電話には英語で出ることのほうが多いのです。
ですから、だいたい「Hello」や「●●Speaking」と言っています。
「もしもし」という言い方は知っているのですが、実際にはあまり使っていないと言うことがわかりました。

3でも「はい」とだけ返事をする子どもが多かったです。
「はい、そうですが」というような受け答えはなじみがないようでした。

5は「ちょっと待っててください」「今かわります」といった応対のほかに、「はい」という子どももいました。
4の「いらっしゃいますか?」には、「いるならかわってください」という気持ちが込められているのだけれど、「いるかいないか」だけを問われていると解釈する子どももいるのです。

「少々お待ちください」という言い方は、知っている子どもは多かったけれど、使った事がない、使いたくない、使うのが恥かしいという意見がありました。
なれない言い回しを使う事に抵抗がある子供もいます。
けれど「ロールプレイ」と割り切ると、その恥かしさも少し薄らぐようで、恥ずかしそうにしながらも、丁寧な口調での受け答えをしていました。

実際に子ども達の生活の中で、「丁寧な日本語」で対応しなければならない場面はほとんどないに等しいのかもしれません。
日本語での電話は知り合いからのものだし、そこでは「母が」と言わなくても「お母さん」で通じてしまうからです。
ニュージーランドで暮らす子どもたちは、日本語で道を聞かれることもめったにないでしょう。
だからこそ、授業の中で無理やりそういった場面を想定し、設定された役になりきって羞恥心を捨て、公に通用する言葉遣いを話してみることが大事だと考えているのですが、なかなかうまくいきません。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

STUDIO.S日本語教室

Author:STUDIO.S日本語教室
ニュージーランドで小さな教室を開いています。
海外で暮らす子どもたちの日本語保持の方法を試行錯誤しています。
活字中毒。動物好き。
ガーデニング初心者で楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

教室で使っているあれこれ

教室で使っている教材・教具のご紹介をしています。これから使ってみたいものもあります。

ランキングに参加しています

よろしかったらぽちっとクリックお願いします♪励みになります☆ 人気blogランキングへ

ポイントサイト:ちょびりっち

懸賞・小遣い ちょびリッチ