FC2ブログ

ほめるということ

教室では、子どもたちをほめるということを、常に念頭に置いています。

子どもたちの半数は、ご両親ともに日本人というご家庭の子女で、そのほとんどの家庭内言語は日本語です。
けれど、もう半数は、ご両親のどちらかが、あるいは、ご両親ともが日本人ではなく、家庭内言語は英語というご家庭もあるのです。
また、家庭内言語が日本語であったとしても、5歳から受け入れている私の教室の子どもたちは、全員ニュージーランドの学校に通っています。
学校では、当然英語で物事が進んでいます。
朝9時から午後3時までは、確実に英語の世界で暮らしていることになるのです。

そうした子どもたちが、週に一回一時間であっても、教室で日本語を学び続けると言うことは、決して容易なことではありません。
ましてや、日本語を学んでも、使う相手が家族などに限定されている場合は、学ぶ気持ちのモチベーションを維持することでも大変なことです。

それでも子どもたちは、元気に通ってきてくれています。
授業内容に興味がなくても、とりあえずがんばってくれようとしています。
できるだけ日本語で話そうと努力してくれているのです。
そんな彼らの姿勢を目にするたびに、心から嬉しくなりますし、がんばっているんだなと感じます。

ほめられると嬉しいのは、大人でもそうですよね。
ともすると、日本人なのだから、日本人の血が流れているのだから、日本語が話せて当然だと思いがちです。
けれど、決してそうではないのです。
言葉は道具でもあります。
使い道がない道具の手入れを一生懸命するということは、なかなかできることではありません。
どうしても、必要度の高い道具の方を大事にするでしょうし、手入れもするでしょう。

そんなことを考えると、なおさらがんばる子どもたちをほめたいのです。
よくやっているね、と言ってあげたいのです。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

STUDIO.S日本語教室

Author:STUDIO.S日本語教室
ニュージーランドで小さな教室を開いています。
海外で暮らす子どもたちの日本語保持の方法を試行錯誤しています。
活字中毒。動物好き。
ガーデニング初心者で楽しんでいます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

教室で使っているあれこれ

教室で使っている教材・教具のご紹介をしています。これから使ってみたいものもあります。

ランキングに参加しています

よろしかったらぽちっとクリックお願いします♪励みになります☆ 人気blogランキングへ

ポイントサイト:ちょびりっち

懸賞・小遣い ちょびリッチ